思垢メモ
経験したこと、感じたこと





【ネタバレ無し】自分の価値観で生きる,イテオンクラスが最高だったので紹介したい


はじめに

韓国の人気WEB漫画を実写ドラマ化した梨泰院(イテオン)クラスNetflixにて全話視聴しました。

f:id:mtiit:20210326174532p:plain
皆が絶賛していたイテオンクラスを今更語る

名作と言われていたので今更ではありますが…
見終えて一言「本当だ、やっぱりおもしろい」。

というわけでネタバレ無しでそのおもしろさを書いてみます。

ストーリーは鉄板

あらすじとしては、「父親から「信念を持って生きる」よう育てたれたパク・セロイは、いじめの現場を看過できずに大手飲食店グループ(長家株式会社)の御曹司を殴ってしまう。これをきっかけにセロイの人生が波瀾万丈になっていく…」という話。

筋としては「巨大企業の会長」VS「パク・セロイ」という個人の復讐劇なんですが、セロイの周りには魅力的な仲間が集まってきてそれが物語をより熱くします。と言うよりセロイよりも周りを取り巻く多様性豊かなメンバーの方がかっこよく見えることもあるくらいに、どのキャラにも熱くさせられたりホロリと泣かされてしまう。

恋愛ドラマ要素も入っていてそこも楽しめますが、やっぱり肝は最初は一人だったセロイがどんどん大きくなっていくサクセスストーリー。

・信念と父親への思い
・仲間と一緒に成功を目指す熱さ
・敵に真っ向勝負をしていく逞しさ

上記を武器に「長家」をどう倒すのか?...は最後まで目が離せませんでした。

展開が早くて毎度ハラハラする

イテオンクラスの一話を見ると分かりますが「たった一話でここまで急展開になる?」と驚く急展開。
そして、「どうせ最初だけでしょ?」と思いましたが、毎回各話の終わりになると「こんな展開に!?」と脱帽してしまいました。そして、だれることなくスパッと終わる。

ちなみに1話~16話がありますが、それぞれの各話を見終えた後の私の感情は以下。
1話:「ど、どうなるの...?」
2話:「ただの夢じゃなかったのか...!」
3話:「そんな計画が!」
4話:「お前が仲間に!」
5話:「なにそのブロック...」
6話:「ついにこの日が!」
7話:「やっぱりお前か...」
8話:「裏切らないでね!」
9話:「かっこよすぎるよ...」
10話:「号泣...」
11話:「悲しすぎるよ...」
12話:「号泣...」
13話:「なんちゅう皮肉...」
14話:「あかんあかんあかん!」
15話:「ついに最終章!」
16話:「見てよかった」

本当に、毎話毎話が印象的に終わります。

音楽がいい

人気WEB漫画の実写化とありますが、これは映像で見たほういい。
その理由に、このドラマで随所に差し込まれる音楽がかなり内容とマッチしていてより感情を掻き立てられます。
やっぱり、GOOD LUCK!!探偵ガリレオ然り、いいドラマにはいいBGMはつきもの。イテオンクラスにはいいBGMがゴロゴロいます。例えば3つを紹介。

イテオンクラスと言えば…"Gaho - Start"

Start Over

Start Over

ドラマのエンディングに差し込まれると熱い"Hyun Woo of Guckkasten - Stone Block"
Diamond

Diamond

聞くだけで思い出して泣けてくる"Someday, The Boy"
Someday, the Boy

Someday, the Boy

他にも本当に印象的なBGMが都度入り、没頭してたらあっという間に1話を見終わります。

終わりに

本当は「あのシーン最高だったよね!」と各話に好きなシーンがあるのですが、それは別の記事に。
半沢直樹のようなヒューマンドラマが好きであれば、絶対にハマると思います。もし2話まで見てハマらなかったら見るのを辞めてもいいと思いますが、私は1話目で心を動かされ2話の最後で掴まれ、4話の最後で心が爆発しました

セロイを含めたメンバーは皆少数派の側面がありつつも他人に価値観を委ねず、それぞれが自分らしい生き方を目指す奮闘劇に「自分も頑張らねば!」と前向きになれると思います。