思垢メモ
経験したこと、感じたこと





岡村さんへの公開説教を自分事として聞いてみた


はじめに

ナインティナインの岡村さん、深夜ラジオにて「コロナが明ければ生活に困った美人が風俗嬢をやるのでそれを楽しみに今は風俗を控えましょう」といった趣旨のジョークを飛ばして問題になっていました。

個人的にも少し質の悪い発言だな~とは思いつつ、全員を傷つけない発言はできないとも思っているのであまり気にしていませんでした。

ところが以下のニュース記事にもある通り矢部さんの公開説教が話題に。音源を探して聞いてみました。

相方の矢部浩之(48)は「今日は公開説教しようと思って」と飛び入り出演し、言葉を選びながらも、岡村の人格的な「根っこの部分」に失言の遠因があると直言した。

その内容が対独身男性へのメッセージとして刺さったので、一部抜粋して紹介します。

女性は偉大

俺は40歳までフラフラしてたけど、結婚して女性の凄さが分かった。
子供も授かって、よりどんどん女性に対してリスペクトが増して行った。
だから、岡村さんも景色を変えて行ったほうが良いと思う、結婚したから偉いとかじゃなくて。(矢部)

調べてみましたが矢部さん、36歳の時に約15年交際していた女性と破局し、42歳の時に結婚、43歳で子供を授かっているんですね。彼は今48歳。岡村さんは一つ上の先輩とのこと。

男性より女性を尊敬!というのはやりすぎにしても、生物学的にも女性にしかできないことや女性にしかない苦しみがある以上はそこに寄り添いリスペクトする姿勢というのは私も大事だと思います。(そういえば母の日の準備何もしてないな..)

岡村さんに対して気になってたエピソード

例えば、結婚生活の秘訣を聞かれた時に「ありがとうと、ごめんなさいです」とコメントしたがそれに対して「白旗上げんたんか」って言った時は「女性を敵として見てるねんな」って思った。(矢部)

マタニティマーク付けてるから席譲ってください」っていうのに対しても、「あれ、いる?見たら分かるやん」って言っていた。あれは3ヶ月、4ヶ月とか見て分からへん妊婦さんが分かるようにするためのもんや。(矢部)

という女性に対する姿勢の過去エピソードを聞いて、「あっ、岡村さんダメな人だ..」とは思いつつもじゃあマタニティマークを付けている人を見つけたらかき分けてでも席を譲るか?と言われると即答できない自分もいます。構成的には矢部さんが岡村さんを叱る構図でしたが、他人事のように思えず何度も背筋が伸びました。

終わりに

他にもハッとするやり取りが多々あり、人の説教を横で聞いていただけですがとてもタメになりました。あと、矢部さんって常識人で素敵な芸人さんだな~としみじみ。

「叱ってくれる人がいないなら自分で気づかないと」という話も、本当にそうですよね。独身男性の方、必聴です。