思垢メモ
経験したこと、感じたこと





風水がなんと言おうがトイレにカレンダーを貼りたい


運気が下がるとのこと

先日、実家の母親からLINEが来ました。
風水的にはトイレに長居、Noスリッパ、カレンダーはNGとのこと。

へぇ~と反応すると、思ったより高い熱量のもとで以下の記事のスクリーンショットを送付して

トイレに貼ったカレンダーには厄がついているから、そのカレンダーを見ながら、予定を立ててもいいことはない。
計画倒れになったり、実現してもいい結果にはならない。

あんたも早くカレンダー剥がしや!こっちは既に剥がした!と連絡があり。

個人的には「知らんがな」で終わりなんですが、そうは言っても肉親なので気になりました。

他人のトイレのカレンダーを剥がさせる決め文句

他人のトイレからカレンダーを剥がさせたい時に「風水界で有名なXX先生がトイレにカレンダーを貼ると運気が落ちると言ってた」と伝えるか「トイレにカレンダーを貼っていると予定が気になり、結果的に便通が悪くなる」と伝えるか、個人的には後者の方が効きます。

ところがどっこい、前者を伝えた方が効く人も世の中にはたくさんいるんだろうな~とぼんやり考えてしまいました。どちらが正しいというわけでもなく、訴えかけるべきポイントは人によって違うことがよく分かります。

ちなみに、自分は占いや風水、運を真っ向から否定するつもりもなくて話のタネとして見れば結構好きです。
眠い目をこすって初詣に行くこともあれば以下記事のように崖を登って参拝することもあります

それの延長で運気の都合でカレンダーを剥がすべき!という理論に本人が納得しているならいいとは思いつつ、「風水を理由に剥がすべき」と言われても1mmも心が動かないんですよね。私のことを思って言ってくれてるのを無下にするのも心苦しいですが、そこはやはり自分の頭で考えたい。

「人を言葉で動かす」というテーマとして捉えれば結構興味深い話だったのでメモしておきます。


ちなみに私は以下のカレンダーシリーズ、結構好きで年によってはこれをトイレに貼ってます。トイレで大をする度に雑学マスターになってました。

以上、我が家で勃発したトイレカレンダー問題でした。