思垢メモ
経験したこと、感じたこと





LINE Payでクーポンを使った時に思ったこと


QRコード決済革命

先日セブンイレブンで100円引きのクーポンを使った際、QRコード決済、革命的!と思いました。

というのも一般的にクーポンを使って割引になる流れをテキスト化しました。

300円になります(店員)
このクーポン使えますか?(おじさん)
あっ、使えますよ(店員)
ピッ
200円になります(店員)
支払いは電子マネーでお願いします(おじさん)
はい、音が鳴るまでかざしてください(店員)

割とよくある風景ですよね。一時期ファミマのアイスコーヒーがレシートを見せると20円引きキャンペーンをしていた時なんてほぼ毎日こんなラリーをしていました。

ところがどっこい、LINEペイってアプリ上でクーポンを仕込めるんですよね。

300円になります(店員)
ラインペイでお願いします(おじさん)
はい、読み取ります(店員)

で、スマホを見ると200円しか支払っていない。クーポン分が自動的に引かれています。


f:id:mtiit:20190911203703j:plain



これって結構ありがたくて、なんか10円単位のクーポンをわざわざ使うのって心理的抵抗がありません?私が気にしすぎマンなだけなんでしょうか。

決済機能とクーポン管理機能を混ぜ込んだQRコード決済アプリ、これはクレジットカードに付いている電子マネーでは搭載できない機能と思っています。

クーポンを別に出す、ポイントカードを別に出す、こういう手間がどんどんなくなっていって最終的にはアマゾンゴーみたいにレジすら通さない世の中が来るんでしょうね。いやはや、楽しみです。