思垢メモ
経験したこと、感じたこと





富山駅から半径100mで過ごした1日


富山滞在

またもや出張で富山に来ており、過去にも泊まって気に入った富山地鉄ホテルに本日もお邪魔しています。

前回よりもさらに厳重にホテルのモーニング会場は感染症対策がされており、スタッフの皆さまには頭が下がります。

f:id:mtiit:20200809091256j:plain
トングを共用にして手袋で防ぐのは賢い

徒歩1分の立山そば

駅前でお昼を済ませようと見渡すと近くに蕎麦屋さんがありました。

歴史あるローカルなお店みたいです。

立山そばは、1952年(昭和27年)2月に日本国有鉄道富山駅上りホームにおいて出店したそば・うどん店を起源とする。
最盛期には富山駅構内に5つの店舗を構え、富山市砺波市路面店を構えるまでになった。

全部で600円くらい。冷やし蕎麦は初めて食べましたが美味しかった。これは流行って欲しい。

f:id:mtiit:20200809140142j:plain
冷やし蕎麦+エビ天+いなり寿司

あとはホテルに籠ってアイスコーヒー

前回も記事に書きましたがこのホテル、フロントのフロアにあるマシンでコーヒーが飲み放題なんですよね。ホテルと同じ建物内にスーパーもあって本当に文句なし。

f:id:mtiit:20200809141649j:plain
計5杯くらい飲んだ

ホテルに置いてあった富山新聞の一面は

と危機を伝える記事ばかりで富山の人はセンシティブになっているのかな~と思い、結局どこにも行かずに部屋にこもっていましたが快適に過ごせました。ありがとう富山地鉄ホテル。


次に来ることがあれば、もう少しアクティブに動きながらコロナ禍を懐かしめるようになっていることを願うばかりです。