思垢メモ
経験したこと、感じたこと





はなまるうどんがかけうどんの値上げをしてくれて嬉しい


今週のお題「好きなお店」

かけうどん値上げ!

実ははなまるうどんのかけうどんの値段がじわじわ上がっているのご存知でしょうか。

2019年3月に

はなまるうどん、かけうどん(小)を130円→162円に 

そして2020年5月に

はなまるうどん、かけうどん(小)を150円 → 220円に(税別

ということで短期間に倍に。

昔から不思議だった

はなまるうどんのかけうどん(素うどん)は私が学生の頃は100円でした。で、その他のうどんは300円。

この値段の差は、より多くの人にはなまるうどんを食べて欲しい!という企業が身を切るサービス価格、学生の頃は本当にお世話になりました。

でも「かけうどん 100円」「わかめうどん 300円」とかが並んでいるのを見ると「わかめ高ッ」になるんですよね。いやいや、「かけうどん安ッ」が正解なんですが、どうしても「わかめ高ッ」になってします。そしてケチ臭い私は「わかめうどん食べたいけど200円も高いならかけうどんにするか~~~」みたいな謎思考になってました。

その値段の付け方ならみんなこっち選ぶよ?と思う値段の付け方ありますよね、たまに。

これからは気にせずわかめうどんを食べれる

が、今回かけうどんの値段が真っ当な値段になりました。

もちろん一消費者のお財布事情として捉えると辛いですが、気持ちよくわかめうどんを食べれるようになったな~と感じます。「かけうどんにたった50円でこんなに豪華になるのか~」という視点の方が健全ですよね。「わかめ高ッ」よりも。

実際、お昼時に行くと前を並ぶ人達は皆「かけうどん」を注文していました。これからは皆が色々な種類のうどんに挑戦していくんだと思います。(かけうどんが高いならもう行かねえよって人もいそうですが)

同チェーンを運営するはなまるは、『昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な変化により、企業努力のみでは現行価格でご提供を維持することが困難となりました』と値上げの理由を説明しています。

コロナの影響ではなまる運営する吉野家HDは結構厳しいと思うので

引き続きしっかり儲けていただき、引き続き美味しいうどんを提供してくださいお願いします。