思垢メモ
経験したこと、感じたこと





ナニワ金融道は大人が読んでこそ面白い


大人x漫画

先月以下のホテルに泊まって漫画デーを満喫しましたが

漫画は日頃から好きで、例えば「宇宙兄弟」や「1日外出録ハンチョウ」は新刊が出る度に購入しています。漫画と言えど、学びが多い。

そんな中、先日とあるYoutuberが「ナニワ金融道」は勉強になると発信していたので気になっていました。

f:id:mtiit:20200404164700j:plain
絵はシンプル

ナニワ金融道

もう30年も前に発行された漫画みたいです。

青木雄二による日本の漫画。1990年から『モーニング』(講談社)にて連載された。単行本全19巻のほか、1999年からは文庫版全10巻が出版された。1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞作品。

ストーリー概要は以下。ヒューマンドラマです。

商都大阪を舞台に、マチ金(消費者金融)会社「帝国金融」の営業マン灰原達之と、借金にまつわる因業深い人間模様を描いた作品。連帯保証人になった彼氏の借金の肩代わりをしてソープ嬢になる女、ご祝儀を盗まれてしまい穴埋めに奔走したあげく取り込み詐欺に手を出し破滅する男、詐欺的先物取引で全てを失う小学校教頭、法律の網の目をかいくぐる闇金融業者、更にはライバル企業との対決など、様々な人間や社会の裏表を描く。

で、後述しますがとあるサービスに登録して一気読み。

島耕作に通じる出世論や、闇金ウシジマくんに通じる未知の世界への好奇心から、先ほど楽しく読み終えました。

気に入ったコマ

例えば以下のシーンは本作をよく表しています。

部下が借金の回収に迫られているので上の人も「穏便に...」と言いますが「じゃあお前払ってくれるの?」と言われると「そういうわけでは...」と濁す。こういう人間の素の部分もきちんと描かれています。

f:id:mtiit:20200404162526j:plain
真理

ところどころ仕事に通じるセリフがあって「ハッ」とすることも。

f:id:mtiit:20200404164126j:plain
プロとは

主人公が入社してからの成長も描かれますが、へまをするとキチッと怒られてて他人事とは思えないのもサラリーマンあるある。

f:id:mtiit:20200404164242j:plain
グサッ

あと、以下の仕事論は私も通じるかもしれないです。金融ほど生き馬の目を抜く業界でもないですが、自分の今後のキャリアを考えながら読んでいました。

f:id:mtiit:20200404164334j:plain
登場人物や建物の名前が笑わせにきてる

終わりに

今回はブック放題というサービスを利用して全巻読みました。iPadにアプリを入れて利用していましたが、ダウンロードができるので電波がないところでも読めるのはありがたい。

ただ、サブスク型なので解約すれば読めません。
ラインナップを見たところ女性向けが多い気がしたので私は無料期間のうちに退会しました。キングダムや宇宙兄弟、ハンチョウが読める作品としてあれば継続しましたが…
f:id:mtiit:20200413095226j:plain

そういう意味では読み直したい方はebookjapanのような買い切り型のアプリがいいかもしれないです。

ナニワ金融道闇金ウシジマくんのようにに救いのないほど後味が悪い話がないのも個人的に良かったポイントでした。
性的なところにも普通に突っ込んでいるので大人向けですが、男性サラリーマンであれば学びながらもどこか刺さると思います。おススメできます。