思垢メモ
経験したこと、感じたこと





【脳死プレイとは?】脳死プレイという言葉が嫌いという話


脳死プレイってなんぞ?

意味は以下です。

電子ゲーム、主にRPG系のソーシャルゲームブラウザゲーム等で、戦術・ルーチン等を特段考慮していない状態、若しくは考慮せずとも容易に攻略が行える事。

要は、判断をせずとも画面をポチポチしていれば作業を全うできる様を指して言います。そういうスマホゲームありますよね。「頭を使わずに作業」→「脳死プレイ」。

初めて聞いたという方もいるかと思いますが試しにツイッターで検索してみてください。ゲームに関わらず、「思考停止=脳死状態」といった風にナチュラルに使われています。

なぜ嫌いか?

嫌いというのは少し言い過ぎで、私は使わないという程度です。別に赤の他人に対して個別に反応してどうこういうつもりもさらさらないです。

ただ、脳死という言葉はとても重い意味を持ちます。

脳死(のうし、英: brain death)とは、ヒトの脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に回復不可能な段階まで低下して回復不能と認められた状態のことである。

例えばですが、大事な方が脳死という形になった境遇に立ち会ったことがある方々は「脳死プレイ」や「脳死状態」という言葉を上記の意味で絶対に使わないと思います。

私は「脳死」という言葉を聞いて想起する人はいないのですが、他の人もそうであるかは分かりません。普段はへらへらしているような人だって、人には話さない悩みや体験があると常々思っています。「はい、この仕事は脳死プレイでできるよ」と口に出せば、個人的体験によってはそれで不快な思いをする方がいるかもしれない、だったら自分は言わない。

『気にしすぎだよ。そんなこといちいち考えてたら息苦しいよ?』という反応が一般的なのは重々承知なんですけどね。

きっかけは言葉の言い換えコレクション

そんなことを考えたのは『現代用語の基礎知識2020』という書籍の中にあった 言い換えコレクション という特集を見ていた時でした。

その本では2019年に実際にあった言い換えの例として

徘徊 → 一人歩き
墜落 → 不時着
就職氷河期世代 → 人生再設計世代
汚染水 → 処理水
武器輸出 → 防衛装備品移転

などが紹介されていました。

徘徊の言い換えに関しては認知症の方やその家族に配慮した形ということで理解もできますが、墜落や武器輸出にはオスプレイの事故報道をマイルドにする役割であったり武器輸出三原則に抵触しない言葉遊びであったりと、何か釈然としなかったりもします。

が、『その言葉が与える印象』を変える という観点では 言い換え というのは時に有効に機能する一例ではあると思いました。

以下は個人的に「なにその言い換え」と心の中で突っ込んじゃいました。せめてもっといい言い換えない?



終わりに

脳死プレイに似た意味で「ポチポチしてゲームを進める」という言葉で「ポチポチゲー」なんて言ったりしますが、そっちに言い換えるというのもありそう。

脳死プレイ → ポチポチゲー

全方位に配慮してたら何も発言できなくなりますし、私の過去の言動が誰かにとっては不快だったこともあると思います。

ただ、仕事でもプライベートでも、できるだけ他人とは良好な関係を築いた方がハッピーと思っているので、そういう言動で変に損をしないよう、引き続きまったり心がけていきます。