思垢メモ
経験したこと、感じたこと





サウンドオブミュージックを映画館で満喫した(前編)


映画館で名作が見れる

みなさん、「午前十時の映画祭」をご存知でしょうか?

一度スクリーンで見たかった。
もう一度、スクリーンで見たかった。

というキャッチコピーの名の通り、昔の名作を映画館で見れます。


そんな素敵なキャンペーンですが、上映スケジュールが作品毎に決まっていて、2019/11/29(金)~2019/12/26(木)は「ウエスト・サイド物語」と「サウンド・オブ・ミュージック」です。

で、私は「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきました。
(ちなみにこのクールが終われば次は「ショーシャンクの空に」。これを初見で映画館で見れる人がうらやましい)

サウンドオブミュージックの思い出

実は、中学生の頃に英語の教科書の副読本としてサウンドオブミュージックがありました。

が、内容は1mmも覚えていません。
毎週読み進めながら確か英語を訳してくる宿題があったことだけは覚えているのですが、中身を記憶していないというのは如何に受け身での学習に実りがないかを体現しています。お恥ずかしい...


あれから10年以上立って、同じ作品を貴重な休日にお金を払って楽しみに行くんだから不思議なものです。

いざ予約

毎月14日は「10(トー)+ 4(フォー)」ということでトーホーシネマズは割引価格で見に行けます。

今月はそれが休日ということもあって混みあうことが予想されるのでスマホで予約はマスト。

ちなみに「午前十時の映画祭」は全ての劇場でやっているわけではなく、例えば今回のサウンドオブミュージックであれば都内でやってるのは 新宿 か 錦糸町 でした。

まずは新宿を見に行くと


まさかの売り切れ。

焦りながらも、世の中に休日の朝10時から名作映画を見に行く同士がこんなにいるのか!と少し嬉しくなりました。

錦糸町は席がまだ空いていたのですかさず予約。



上映当日

錦糸町はオナリスという施設の中にある映画館で、道中に錦糸町公園があります。

f:id:mtiit:20191214202203j:plain
爽やかな朝

スカイツリーを見たり公園で遊ぶ家族連れを見たりしながら映画館に向かいます。
朝の公園は、早めに来てベンチで朝飯食べながら時間潰してもよかったな~と思うくらいに素敵空間でした。

映画のチケットを発行して

f:id:mtiit:20191214202216j:plain
いざ鑑賞
席に座ります。

上映前に年賀状のCMが流れ、早くも涙腺を刺激されるアラサーでした。

ここからがやっと本作の感想、後編に続きます。