思垢メモ
経験したこと、感じたこと





【ホーチミン旅】足を延ばしてチョロン地区散策

ホーチミン旅で時間を持て余したら

ベトナム🇻🇳ホーチミンの中心エリアから歩いて一時間ほどの距離にチョロン地区があります。

チョロン地区( - ちく、ベトナム語: Chợ Lớn )はベトナムホーチミン市にあるベトナム最大の中華街。 ベトナムにいながら中国の雰囲気が楽しめるのが大きな魅力。

観光スポットでもあるベンタイン市場から直通バスが出ていたりとアクセスも良いため、フラッと寄ることができます。


かくいう私もチョロン地区に行ってきたんですが2,3時間くらいの滞在でもしっかり満足できました。
観光スポットもありながら、少し寄り道をするとホーチミン中心街にはないローカルさが目に入ってきます。

チョロン地区にはバスが良い

バスが10分おきくらいに出てるのでそれで行くと結構快適に移動できます。私は行きはタクシーで帰りはバスにしました。

f:id:mtiit:20191117115325j:plain
5,000ドン、日本円で25円。

Grabを利用しても7万ドン(350円)程度なので、数人の移動であればタクシーでもいい気がします。

ちなみに、チョロン→ホーチミン中心街へ行くためのバス停はチョロンバスターミナルというその名の通りバスターミナルにあります。

ただ、このスポットはミニ道路を挟んで二カ所に分かれていたのでご注意ください。



観光地2選

天后宮(ティエンハウ廟)

廟のような雰囲気で道教最高神が祀られているようです。
f:id:mtiit:20191117094725j:plain

私がいった時は、偶然、白眉?という格闘技団体が参拝していてとても騒々しかったですが、それも含めて情緒がありました。

f:id:mtiit:20191117095014j:plain
中の様子 長いお線香があったり

旅を楽しく送れていることに感謝感謝と手を合わせてきました。


ビンタイ市場

建物はこんな感じ。かっこいい。
f:id:mtiit:20191117111902j:plain

ベンタイン市場よりはこじんまりしているもの、同じように所せましと商品が並んでいました。
中のトイレが有料だったのが個人的には印象に残っています。

市場の真ん中には男性の胸像が置かれたエリアが。
f:id:mtiit:20191117112206j:plain

Quách Đàmさんという方で、調べてみるとビンタイ市場を築き上げた商人のようです。

観光地じゃないけど...

少し細い通りを散策すると、そこは現地の人の暮らしが色濃く出ているエリアです。

バザーみたいな感じで色々と売られていました。

f:id:mtiit:20191117100241j:plain
ガチンコの市場
この細い道をバイクが遠慮なく入っていくの、かなり印象的でした。

そして、鉄くずが売られていたりします。観光客が来るエリアではないですよね...

f:id:mtiit:20191117105400j:plain
いくらするんだろ...

あと、🐔がいたるところにいます。🐸とかも水槽にいました。

f:id:mtiit:20191117110049j:plain
コケコッコー

思ったこと

ホーチミンの観光スポットはホーチミン市の1区に集中してますが、チョロン地区は5区と6区の間に位置するエリアです。

1区に帰ってきて、ヴィンコム・センターというショッピングモールに陳列される華やかなブランド品を見ながら、同じホーチミンでもエリアによって雰囲気が違うんだな~と色々と考えることができた有意義な散策でした。このあたりの情報はいくらガイドブックで読んでもダメで、自分の肌で感じないとガツンと脳内に入ってこないんですよね。

もっと時間があれば他の区も行ってみたかった。

またホーチミンに来ることがあれば、1区を旅の拠点にしながら他の区についても散策してみたいものです。