思垢メモ
経験したこと、感じたこと





【サンフランシスコ】ホテルウィットコムでUberEatsを使った話


サンフランシスコで泊まったホテル

カリフォルニア旅行の拠点として、サンフランシスコで泊まったホテルは「Hotel Whitcomb」。
歴史ある建物でヴィクトリア様式の内装、立地はシビックセンター駅から徒歩数分。

さらにそのシビックセンター駅自体も、サンフランシスコ空港からバートと呼ばれる列車で30分。観光拠点としては申し分のないプチゴージャスホテルです。


ちなみに部屋の内装は二人部屋でこんな感じ。

f:id:mtiit:20191005094047j:plain
部屋の内装 控えめにいっていいホテル


ホテルの近くには建築物としても見ごたえのあるサンフランシスコ市庁舎もあります。ホテルウィットコムは、もともとこの庁舎の別館だったらしいのでホテルの内装が洒落てるのも頷けます。

f:id:mtiit:20191005093932j:plain
サンフランシスコ庁舎 荘厳

晩御飯スポットを考えて

観光を終えて、ホテルウィットコムにひとまず帰還。
当たりは暗く、時は夕刻。

小腹が空いたのでハンバーガーでも食べたいな~と思ってグーグルマップを眺めていると、なんと偶然にもバーガーキングが目の前にあります。

以下がマップ。ホテルから見て道路を挟んですぐそこにあります。ちなみに左上にあるのが例の庁舎。

f:id:mtiit:20191005094021j:plain
ホテル周辺のマップ


近くていいね!とピンをさしたバーガーキングの情報をよく見ると。むむッ?

f:id:mtiit:20191005093749j:plain
あれ?星の数が?


気になったので、普段ならスルーする「詳細」をクリックしてGoogleユーザのレビューに目を通します。


で、中身を読むと笑えました。(笑えない)

f:id:mtiit:20191005093812j:plain
こんな非難を受けるチェーン店ある!?

ものすごく最悪
顧客サービスはひどく
市内最悪

『最悪』って言葉、中高生の時にはよく耳にしていましたが社会人にもなると滅多に聞かないし見ない言葉。
なんだか新鮮です。

で、要約すると、明るい時間帯だといいけど雰囲気はよくないよ 暗い時間帯はやめといた方がいいよ そういう理由もあってここは閉店時間も早いんだ とのこと。身の危険性を感じる、そんな風評でした。

どうする?

ハンバーガーは食べたいけど無茶する必要もないよな...と思いながら、悩んでいた時、現地でお世話になっていたUberが頭をよぎります。

そうだ、UberEatsでハンバーガーを頼もう!

アメリカでUberEatsを利用する、話のネタにもばっちしです。

そこからはアプリを起動し、ホテルの位置情報を入力。みんな大好きマクドナルドで注文を眺めながら配達リクエストをポチっとしました。

f:id:mtiit:20191005093857j:plain
アメリカで初めてのマクドナルド

これまた、画面上に配達員さんが今どこにいるのかが見えて、かなり快適。都内でもサービスしているみたいなので、いつか使ってみようかな?とか思っていると気のいいお兄さんがホテルの前に到着。車で配達してくれました。

ホテルの部屋まで呼び寄せるのはさすがに忍びないのと部屋番号まで特定されるのは少し気味が悪いので、ホテルの玄関口で受け取り。ありがたや~~。チップもあげました。(アプリでもあげれたみたいだけど直接貰う方が嬉しいかなって)

思ったこと

海外の中では暗い時間にハンバーガーを食べるのも一苦労なエリアがあるんだな...というのは身に染みて実感しました。
サンフランシスコにはテンダーロインというエリアは入らない方がいいよ とガイドブックには書いていて、昼間に少し歩いてみましたが確かに少しおっかない雰囲気のエリアでした。このバーガーキングもそこに面しているから、こんな評判なようです。

日本の治安の良さを実感すると同時に、スマホ一つでハンバーガーを調達できるテクノロジーの進歩に感謝感謝のアメリカ旅でした。ちなみに、Uberの本社もサンフランシスコです。お世話になりました。